医療改善・署名

70~74歳高齢者の窓口負担1割存続を求める取り組み

・「70~74歳高齢者の窓口負担1割存続を求める取り組み」にご協力ください。

「70~74歳高齢者の窓口負担1割存続を求める取り組み」を開始いたします。
取り組みにあたりまして、下記の3種類の物品を活用して参ります。ぜひ内容をご覧ください。

※今回の取り組みは今臨時国会終了までを期限としており、署名の送付は2013年11月25日必着でお願いしております。そのため、会員の先生方には署名ハガキ・リーフレットを予め30部ずつをお送りさせていただいております。
※さらにご入用の先生につきましては、下記PDFを印刷し協会宛にFAX(048-824-7547)をお送りくださるか、お電話(048-824-7130)にて申込ください。
 
 
 

(1)ハガキ署名

会計時などに患者にお渡しいただき、署名ハガキの配布にご協力ください。署名ハガキは切手を貼らずに郵便ポストに投函するだけで協会に届けられます。今回は緊急の取り組みのため、普段はポケットティッシュ署名に封入している署名ハガキ部分のみの配布といたしました。
※署名については、臨時国会で提出いたしますので、2013年11月25日必着でご返送をお願い申し上げます。
 
 

(2)リーフレット(見開き・B5)

今回の70~74歳高齢者の窓口負担増の問題点を指摘しているほか、社会保障制度改革国民会議の報告書を受けて計画される負担増について図表を用いて解説しています。
 
 

(3)待合室ポスター(A2版)

今回の取り組みの署名協力を呼びかけるポスターです。負担増による患者の受診抑制の危険性を指摘しているほか、無料・低額が当たり前となっている他の先進国の窓口負担の実態を紹介しています。ぜひ待合室に掲示してください。
 
 
 


埼玉県保険医協会 Copyright © hokeni kyoukai. All rights reserved.

〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-2-2アンリツビル5F TEL:048-824-7130 FAX:048-824-7547